赤ら顔・酒さなど顔の赤みで悩んでいた私(母)と娘がその症状を克服した治し方や対策、スキンケア方法など

赤ら顔で悩んでいる人は意外に多く、しかも長期間頬や顔、鼻など肌の赤み治す努力をしているにも関わらず良くならないと言う人も多いようです。私と娘が一緒にやった赤ら顔対策やスキンケア方法などをご紹介したいと思います。

赤ら顔・酒さの原因には日光・紫外線(アレルギー)や乾燥も関係してる?

赤ら顔・酒さの原因は日光(紫外線)を浴びる事でも起きるアレルギー反応もある?

赤ら顔は皮膚が薄いため血管が透けて見えることによって赤くなることが挙げられますが日光や紫外線が影響して起こるものもあるようです。

赤ら顔の人に多い皮膚が薄いと言う状態にあると肌のバリア機能が弱いため紫外線の刺激に弱くなって赤くなったりします。
また日光過敏症といって日光を浴びる事によって赤くなったり発疹や水ぶくれが出来たりする症状もあります。


日光過敏症は日光アレルギー(紫外線アレルギー)とか日光性皮膚炎とも言われていて、外因的な原因と内因的な原因とがあるようです。

よくある赤ら顔は毛細血管拡張症ともいい、血管が拡張した状態のまま流れの滞った血液の色が肌の表面にまで透けることでおこる症状ですが、紫外線の刺激(アレルギー反応)も肌を赤らめてしまう原因となってしまうことがあるんですね。

日光アレルギー(紫外線アレルギー)などによる赤ら顔は、抗うつ剤や血圧を下げる薬、抗生物質など飲んでいる薬によるものや紫外線を防ぐために使っている日焼け止めが原因になることもある皮膚の病です。

紫外線を防ぐための日焼け止めが原因になることがあるというのは驚きですが、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤が紫外線を吸収した時に変化してアレルギー時反応を起こすことがあるそうです。
(最近は紫外線吸収剤に細工をして肌への負担を少なくしているものも増えているそうです。)


また紫外線に対する体内の抗体が(個人差はありますが)許容量を超えるとアレルギーを起こすこともあって、これは花粉症を発症するのと同じような感じですね。(花粉やハウスダストを吸い込むうち、ある日許容量を超えることで発症しますよね。)

日光・紫外線アレルギーは皮脂の分泌が多くそれが酸化することで炎症を起こし、そこに紫外線が当たってアレルギーになることもあります。


皮膚の炎症は紫外線から肌を守るために分泌されるメラニンが機能せず(メラニンの分泌が少ない)肌が赤らむという症状を起こすことになりバリア機能が落ちて紫外線に過敏に反応しやすくなって起きるということも。(赤ら顔の人はもともとメラニンの分泌が少ないと言われています。)

日光アレルギー(紫外線アレルギー)の肌に現れる症状としては、湿疹や腫れ、かゆみ、水ぶくれなどがありますが、紫外線アレルギーや紫外線の刺激による赤ら顔は、毛細血管拡張症、脂漏性皮膚炎などとはまた違う原因なので対応を間違えると改善どころか悪化するので気を付けなければいけませんしアレルギーはなかなか治らないので日頃からのケアに気を使う必要があります。


さらに日光・紫外線アレルギーを起こす人は肌が敏感になっているばかりか乾燥を伴う場合もあるので保湿も重要です。

赤ら顔と一口に言っても原因はいろいろあるのでその原因にあった対応を行うことは大切です。
(紫外線アレルギーかどうかの判断は皮膚科やアレルギー科のある病院での紫外線照射検査や光パッチテスト、血液検査によるアレルギー検査などが有効で約3000円前後でできるので心配なら受けて見られることをおすすめします。)

なお酒さに関しては紫外線アレルギーがきっかけになったり紫外線の刺激が原因になることがあるのでやはり紫外線対策は重要です。
何が引き金になるかは不明なことが多い疾患で、鼻や頬、ひたい、口周りなどに赤みや紅斑、カユミ、ニキビのような小さなブツブツがでると言った症状ですが、紫外線を浴びる事でひどくなることがあります。
他の症状と同様紫外線対策はしっかりしましょう。


乾燥にも注意

赤ら顔の人で乾燥肌という人は多いようです。洗顔しすぎなどが一因ですが乾燥肌は肌トラブルのもとで、ニキビや肌荒れにもなります。角質が剥がれてバリア機能失われ赤ら顔になってしまうこともあるので保湿は大切です。
鉱物性の添加物を使用していない化粧水などが刺激がなくてよいでしょう。(赤ら顔専用の化粧水は安心して使えます。)

ただ逆に酒さは保湿が逆効果になることもあるので慎重な判断がいります。
酒さになると肌に熱がこもりその熱を発散させるため水分を蒸発させるので乾燥するという一面もあります。なので保湿をするとその熱の発散を妨げるという意見もあります。

保湿が必要説と不要説とがありますが、これは症状にも関係しているので炎症や乾燥の度合いなど肌状態をみて使い分けることです。

また個人差もあるので実際に試してみるしかない面もありますがただ個人的には保湿がどうとかにこだわるのではなく、根本的に症状を軽くしてあげることが大切と思います。専用の化粧水などをまず試してみるのも良いかと。


日光や紫外線による赤ら顔・酒さの対策やケア方法

日光や紫外線による赤ら顔・酒さ対策やケアはまず紫外線をできるだけ浴びないようにするという(完全には防げないかもしれませんが)ことです。


外出は帽子をかぶるとか日傘をさす、夏は暑いのを我慢して腕を出さないよう長袖を着る、日焼け止めも低刺激のものを使ったり(赤ら顔用の物もあるみたいですし紫外線吸収剤にコーティングして刺激を与えないようにしてあるものもあるようですよ)、最近は飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)があるので試してみるといったことは必要でしょう。

化粧水やコスメも低刺激のものを使うようにするのが望ましいでしょう。また洗顔や化粧水を塗る際は絶対に肌をこすらないようにすることも大切です。
スキンケアは赤ら顔専用のものもあるのでそれを使うと良いです。赤ら顔の原因になっている毛細血管に対してアプローチする成分がコンプレックスを軽くしてくれるかもしれませんよ。

もちろん唐辛子や香辛料などの刺激物は避ける、お酒やたばこを控える、室内と屋外との温度差を小さくする、睡眠をしっかりとる、ストレス解消などなどこういったことも基本対策として留意しておいてください。

白漢しろ彩