赤ら顔・酒さなど顔の赤みで悩んでいた私(母)と娘がその症状を克服した治し方や対策、スキンケア方法など

赤ら顔で悩んでいる人は意外に多く、しかも長期間頬や顔、鼻など肌の赤み治す努力をしているにも関わらず良くならないと言う人も多いようです。私と娘が一緒にやった赤ら顔対策やスキンケア方法などをご紹介したいと思います。

赤ら顔・酒さの人のクレンジングや洗顔の方法とは?市販のおすすめクレンジングと洗顔料は?

デリケートな赤ら顔や酒さの肌。
クレンジングや洗顔はとってもつらくて、もしかすると症状にが悪くなると怖い思いをしながらやっているかもしれませんね。(私はそうでした。)

特に女性は化粧をしますから男性と違ってクレンジングと洗顔の2重で負担がかかります。
赤ら顔や酒さは肌が薄くなっていたりバリア機能が低下しているので、肌をこすらない事がとっても大切です。やり方がよくないと症状が悪化するので慎重にしなければいけませんね。


赤ら顔・酒さの人が洗顔やクレンジングで注意する点

【クレンジングに使われているオイルが負担になっている場合があります。】

メイクが落としきれずに残ってしまうとシミや老化を早めてしまうことになりますので、メイクは残さず落とさないとなりません。
しかしお赤ら顔や酒さの人にとっては皮脂を取りすぎてしまい乾燥を招き、バリア機能を失う結果になります。

メイクは油性なため水では落ちません。油性は油性でないと落ちないので、クレンジングとは油分でメイクを落とすという作業になるので、やり過ぎると皮脂を取りすぎてしまうのです。

そこでクレンジングではどういったタイプのものを使うか、また肌に負担になる成分が使われていないかに配慮する必要があります。
クレンジングには、オイルタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプ、ローションタイプなどがあります。

オイルタイプが一番洗浄力が強く、ジェルタイプは刺激が少ないものの洗浄力は弱めになります。(刺激は少ないものの洗浄力が弱いためゴシゴシとやっちゃいますので注意)

最近は予めコットンにローションが含ませてあって手軽にメイク落としができるタイプも増えていますが、エタノールなどが刺激になる心配もあります。

オイルタイプは刺激が強いので肌に負担にはなる、でもジェルタイプは洗浄力が弱くメイクが残ってしまう(ミルクやクリームタイプもオイルほど洗浄力は強くありません)、ではどうしたらよいの?と言われそうですね。

少々手間がかかりますが、スチーマーなどを使って毛穴を広げてメイクが落ちやすくなるので肌への負担が減らせます。
(もしくは蒸しタオルなどをあてがうのもありです)

さらに場所によってクレンジングを使い分けるのも良いです。刺激に弱いところは低刺激のものを使うなど工夫してみてはいかがでしょうか。
ポイントメイク用のものなどを併用するなど効果的ですし、最近は敏感肌用のものも出ているのでおすすめです。

界面活性剤や香料といった刺激になる添加物は避けた方がいいですね。中には肌を削るピーリング作用があるものもあるのでそれは避けましょう。

あとクレンジングは、肌に合う合わないというのもあるので自分の肌に合せて選ぶのがよいです。

ちなみに私が使っているクレンジングは「D.U.O. ザ クレンジングバーム」です。
メイクが良く落ちるのは強すぎる、でも肌に優しい低刺激なのは十分にメイクを落とせないの両方をクリアしています。
毛穴の汚れを落とし肌にもやさしいクレンジングです。しかもクレンジング後のW洗顔が不要で、このクレンジングだけでOKなので助かっています。

私のおすすめのクレンジングは「D.U.O. ザ クレンジングバーム」

プレミアアンチエイジング

 

ちなみにクレンジング剤のすすぎはしっかりとしましょう。
(メイク自体を軽くするか落としやすい化粧品にするのも有効ですので付け加えておきます。)


洗顔方法に注意】

洗顔で気を付けることは、たっぷりの泡でこすらない様にして洗うことです。またぬるま湯を使ってください。
皮脂を落とし過ぎずに済みますし肌への負担も少なくできます。

洗顔料はクレンジングと違ってメイク汚れや皮脂以外の汚れを落とすものですが、やはり低刺激のものがいいでしょう。
界面活性剤を使っていないものが理想ですが肌が弱い人向けに作られている洗顔料もあるので、そういったものがおすすめですね。

私は夜は上記のクレンジングを使っていますので洗顔は朝しています。
私が使っている洗顔料はどろ豆乳石鹸「どろあわわ」という洗顔料です。

どろあわわという名前にもあるように芳醇な泡でやさしく洗える洗顔料です。大豆に含まれるイソフラボンを発行させた豆乳発酵液が肌にうるおいを与えてくれます。
また肌をもちもちにしてくれるコラーゲンやヒアルロン酸、黒砂糖エキスが配合されてるのが嬉しいです。

2種類の泥が肌をこすらなくても汚れを吸着して取り除いてくれます。(マイナスイオンを帯びた沖縄産マリンシルトと火山灰由来の国産ベントナイト)
弾力性のある濃密な泡でのどろ豆乳石鹸どろあわわでの洗顔は一度使ってみるとクセになります。

どろあわわ


そしてお手入れは「しろ彩」でケアです。

私はこれらのお手入れでかなり肌の悩みから解放されました。

 

白漢しろ彩